« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

久々のspam晒し

妹のところに届くspamには、
「・当局からのメールマガジンの内容についてのご質問には応じておりません。
・当局からのメールマガジンに掲載された記事を許可なく転載する事を禁止致します。」
と、わざわざ記してあったそうな。

自分は勝手にくだらんメールを送りつけておいて
盗人猛々しいというか・・・。
spamに著作権もクソもあるかい!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Date: Tue, 03 May 2005 19:56:17 +0900
From: "優子(softM)"
Subject: ???

メールしました?最近友人以外からメールが届くんですがあなたもですか?
私は松下優子、28歳の主婦ですよ^^;
あなたは誰ですか???もしかして不倫愛好会の方ですか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑「私は松下優子、28歳の主婦ですよ」が
不自然過ぎて笑える。
誘導するつもりならもっと自然に。
さらに輪をかけて名前がヘン。
わざわざ()してsoftMとか書いてるし。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Date: Thu, 28 Apr 2005 14:28:40 GMT
Subject: 電話しました?
From: sax_sox_six_xxx@yahoo.co.jp

お久しぶりです。アドレス変わりました。さっき貴方の家の近くに

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑途中で文章をわざと切ってレス率を上げるつもりらしい。
「寸止めspam」(と、呼んでいる)
が、こんなアドレス、あやしすぎ・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Date: Tue, 17 May 2005 12:03:50 +0900
From: see_moon_2019@yahoo.co.jp
Subject: メールしました?

アドレス変わりました。私、さっきあなたの家の近くに、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑・・・おんなじパターン。
この後、同じ文のメールが何度も届いた。

その他、最近「SOHO JHOUHOU CLUB」なるところが猛烈にひつこく、ひどい日はまったく同じタイトル・文面で10通以上連続でよこすのでかなりムカツク。

「えーかげんにせーよ、このアホボケカス!」と、思い切り罵声を浴びせたいところだが、さらにメールの数が増えるだけだと思うのでやめておく。

あー、こういうバカが何とぞひどい目に遭いますように!(呪詛)

・・・などと呪詛を吐きつつ踊っていたところ(何やってんだか)、今度はspamとも本物ともつかぬメールが届いた。

本物だとしたら無防備過ぎるけど。
hotmailからも久しぶり。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

差出人 : 某
送信日時 : 2005年5月22日 11:32:03
件名 : 私のアドレスにメールした記憶はありますか?

私のメールボックスにエクセルらしき添付ファイル付きでメールが来てたんですが…どんなご用件でしょうか?
送信者アドレスが私の知らないアドレスだったので、何か間違いかと思って。

添付ファイルの内容はもしウィルスだったらと思って開いてません。

4458_sumi_15.xlsと言う名前のファイルです。

もし重要な書類だったらと思いメールしたんですが…。
-------------

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


↓続いて同じ相手からまたメールが届く。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

差出人 : 某
送信日時 : 2005年5月23日 11:05:37
件名 : 添付ファイルの事でメールした某です。

私の方でもパャRンに詳しい知り合いに聞いてみたりして調べたんですが、多分いたずらかウィルスじゃないかと言う結論になりました。

ただ、開かなかったのでウイルスに感染してはいないようです。

お騒がせしてごめんなさい。
-------------

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑肝心な所が文字化けしてるし(笑)

うーん。
二度も立て続けに、しかもストーリー(?)になってるのは初めてのパターン。

新手のspamっぽいけどなあ。
疑惑は残る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新作スターウォーズを観た先輩

朝礼後、Nさんが後輩の男性をふんづかまえて
「実は私、週末に台湾行って『スター・ウォーズ』観て来ちゃったんだー」
と、言っている場面に遭遇。

思わず関係ないのに
「なんですってーーー!ホントですかあ?Nさん!」
と、割り込んで叫んでしまった私。
いいなあ、いーいなあ。

しょうがない。小市民はチマチマと試写会の応募でも出すかあ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽織ゴロの顛末

いやー、あの「罵声ヒゲ記者」は、読売新聞のT村とかいう記者でしたか。テレビに顔が出ていた事もあって、とうとう面が割れたようです。

予想以上に反響が大きく、読売新聞は今朝になってやっとお詫びを載っけたらしいけどちょっと遅すぎない?
yahooニュース

この時期ってのが、いかにもしぶしぶという感じ。
インターネットというツールがなかったら反響もこれほど大きくはならず、未だに謝ってなかったことでしょう。

しかしコメントが「使命感や熱心さのあまり」って、なんだかカッコイイ人みたい。
この記者の場合、単なる「羽織ゴロ」だと思うんですが。

今日買った「週刊新潮」にも「罵声ヒゲ記者」の事が書いてありました。
この記者は抗議や苦情が多かった為に一旦記者会見からははずされたようですが、すぐに今度はヒゲを剃って復帰したとのこと。
週刊新潮

ただし、上からよほどキツく言われていたのか(この期に及んでまだ暴言はけるとは思えんが)会見の席では押し黙っていたそうな。

わかりやすいマスコミの行動はこれぐらいかもしらんけど
M新聞の記者みたいにホントは真ん中の車両に乗っていたのに
1両目に乗っていたかのように書いたり、
遺族のインタビューをJRの印象が悪くなるように意図的にカットして放送したりってのも、ホントならイヤーな感じ。

あ、みのもんたの「JRは嫌がらせされて当たり前」発言も、朝っぱらからびっくりだあね。

ヒゲ記者・T村さん、今度は首の向きを変えて言ってください。
「おまえら全員クビだよ、クビ!」

全然関係ないけど今朝の記事の見出し
「JR西社長参考人質疑」って
「JR西社長参考。人質疑(惑)」って読んでしまうの私だけ・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

マスコミの正義面

最近ニュースが観られない。
なんかJR西日本のあの事件を観てるとムカついてくるのだ。

確かにJRは悪い。
態度も体制もよくないと思う。
だけど記者会見で報道陣があんなにJRを罵倒するのはなんで?
何様?
最初、私は記者会見には遺族も参加できるのかと思っていた。
それほどまでに罵倒していたからだ。
報道というのは起こった事件を「冷静に」取材して「冷静に」我々に伝えるのが使命だと思っていたけど違うのね。

「どの面下げて遺族に会ってきたんや!」
て、それ質問ですか?
「あんたらは107人殺したんやぞ!」
いや「殺して」ませんて。
その言い草、遺族に対しても失礼なんでは??
あんた記者でしょ。
感情的になってどうすんの?
「ついつい、遺族の気持ちになって罵倒してしまった」と、いうわけ?
そのくせ「JRの運転士が事故列車に乗っていたのに救助せず立ち去った」とか書き立てておいて、自分らは救助もせずに横で写真を撮っているだけやん。
罵倒するぐらい遺族に感情移入ができるんだったら、そこで写真撮らずに救助に加わったらいいのに。
都合のいい時だけ「正義」振りかざさんと。

ボーリングとか二次会とかどうでもいい。
亡くなった運転士の子供時代の報道とかもしているそうだが事件と何の関係が?
笑えるのはボーリングの二次会で何を食べたかまで報道しているという話。
アホ過ぎ・・・。
興味ないっちゅうねん。
そろそろネタが尽きてきたんならJR以外の別のネタでも探したら?

比較的冷静なのはやはりNHKだが、ボーリングの件はここでも報道している。NHKもあんまり他人の事をとやかく言える立場じゃないんだからおとなしめにね。

「大阪市のカラ出張の方がよっぽど悪質だけどな。事件の規模はともかく、『わかっていてわざとやった』という点ではな」
父の方がよっぽど冷静かも・・・。

連日のJR叩きの影響か、最近JRの職員に嫌がらせをするアホも出てきているそうな。
「JR職員に嫌がらせ70件」
でもこれも、半分はあんたらマスコミのせいでは?

「どのツラさげて遺族に会ってきたんや!」・・・か。
あんたこそ「ヒゲヅラ」下げて偉そうに。
今は匿名だから大いばりみたいだけど
某新聞社出身の同僚は
「へえ。そのヒゲの記者会見は観ませんでしたが、僕、それ観たらたぶん誰かわかると思います。
この世界、案外狭いですからね」だそう。

こわいよー。
次に嫌がらせをされるのは自分かもしれないんだから
世間をなめん方がいいよー。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

鳩間音楽祭でのお見送り

5/3に沖縄の離島、鳩間島で開催された「鳩間音楽祭」昼の部終了後の鳩間島の港での見送り騒ぎ。

お見送り動画
皆で一艘一艘出ていく船を、歌ったり踊ったりしながら見送ります。

見送る側も自分の出港時間になると抜けていくので
後になるほど踊り手がどんどん少なくなっていきます(笑)


IMG_6919

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »