« 誰も寝てはならぬ! | トップページ | トリノ(ミラノ)の休日 [三日目・中編] »

9時ちょうどの飛鳥2号

3/6

豪華客船寄港ラッシュである。
今朝(3/6)は会社にいたらきっかり9時に大きな汽笛が何度も聞こえた。
天気が悪いのでやけに大きく聞こえる。(この辺は、天気が悪いor悪くなると船の汽笛が大きく聞こえる)

そう言えばこの日の7:30頃「クイーンエリザベス2世」号が入港すると行って父は撮影に出かけたはずだ。その「クイーンエリザベス2世」号の汽笛だろうか。
船乗りなんだから船なんか飽きるほど見ているだろうに、と思うのだが根っからの船好きらしい。父の同僚らもそんな人達ばかりだと聞く。
で、父の職業はパイロット(水先人)なので、「えー、じゃあ、その豪華客船に乗れるよう便宜をはからってもらいなよ!」と、言ってみたのだが、担当は誰にあたるかわからないし、第一担当になったら船の外観を楽しめない、と言うんである。
ごもっとも。

さて、今朝9時きっかりの汽笛はどうやらその時間に出港する「飛鳥2」号の方だったようだ。いつの間に「2」になったよ、飛鳥??
と、思ってたら父いわく別の豪華客船「クリスタル・ハーモニー号」を改造して「飛鳥2号」にしたと言う。で、初代の「飛鳥」はどこだかに売ったんだとか。
あら、そうでしたか。
それにしても「クリスタル・ハーモニー」!久々に聞く名前だ。懐かしい。
確か豪華客船建造ラッシュの頃(バブルの頃?)に登場し、雑誌にも『走るビルディング』などと書かれていたように記憶している。
しかも処女航海だったかで神戸に立ち寄った際、見に行ったんじゃなかったかな。いやあれは初代飛鳥か?見上げるようなホントに「ビルディング」のような客船だったのは覚えている。

一瞬だが「クイーンエリザベス2世」号と「飛鳥2」号の両方が神戸に停泊していた今朝。父は無事に撮影できただろうか。
4月に今度は「サガルビー」号というやや小規模な客船も来るらしい。聞いたことがない名前だ。しかもなんだか九州あたりで獲れるイチゴの銘柄のような名前だ。こっちは正直どうでもいいや。
あー、しかし今回もいつの間にか来ていつの間にか出ていくのね。いっつも気にしているわけじゃないから一般公開の案内を見逃してしまう・・・。(事前に募集があるのだ)
「オリンピックの開会式を観たい」と、いう夢がかなったので、次の贅沢願望 は「一週間でよいから豪華客船に乗りたい」に、しようかな。

ところで鉄道オタクの事は「テツ」と呼ばれるが、船オタクの事は何て呼ぶんだろ?
「フネ」?そのまんまやな・・・。
そもそも船オタクなんてあんまりいないのではなかろうか。父とその同僚らぐらい?と、思っていたのだが「この間撮影に行った時(何日か前にも「飛鳥 2」号を撮りに行ってたのだ)けっこう他にも撮影に来てる人がいたよー」 と、言う。どの世界にもファンはいるのですな。
などと思いつつ、会社のエレベーターホールから港内をしずしずと去っていく「飛鳥2」号を見送る。さすが豪華だし貫禄もある。しかしそんなも んに興味があるのは私だけのようで、そばの喫煙コーナーにいた人はいぶかしげに私の様子を見ていた。何を一生懸命見ているのかさえわかってないようだったし。

ちょうど出社してきたM田さんにも「豪華客船『飛鳥2』号が見えるよ!」 と、言ってみたのだが
「は?『あずさ2号』?」と、返ってきた。
8時ちょうどに出る列車「あずさ2号」と
9時ちょうどに出る客船「飛鳥2」号。
似てないこともないか?(いや似てない)

(写真は父が撮った「飛鳥2」号)
1

461

|

« 誰も寝てはならぬ! | トップページ | トリノ(ミラノ)の休日 [三日目・中編] »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81631/8993107

この記事へのトラックバック一覧です: 9時ちょうどの飛鳥2号:

« 誰も寝てはならぬ! | トップページ | トリノ(ミラノ)の休日 [三日目・中編] »