« iのあるユニークで豊かな世帯 | トップページ | ペクチン »

iのあるユニークで豊かな世帯 その2

iphone用のGoogleアプリ、便利なのはいいけど便利すぎて若干「余計なお世話」度も高い。

このアプリ、音声に反応して検索ができるんです。
iphoneを耳にあて、正に電話するようなスタイルで検索したいキーワードを語るとそれだけで検索しよるんです。

iphoneで電話してるようなポーズは前回にも書いた通り、「イキってる人っぽい」ので誰も見ていないにもかかわらず、若干ひるみながらiphoneに「瀬戸」と、小声で言うてみました。

以下、動作順序。

iphoneを耳にあてると
「お話しください」と、表示が出る。

「・・・瀬戸・・・」(小声)

「処理中」と、表示。

ややあって
「認識できませんでした」表示。

おい・・・。
私が恥ずかしさを堪えてだなー、誰もいない部屋でアホみたいに「瀬戸」とか言うてんのに「認識できん」とはなんやねん。

「せ・と!」

お、今度は正しく認識したな。
では次。ちょっと長めの単語で。

「サンライズ」。

「処理中」→「終了」。

検索結果。
「ヘカトン」。

おい・・・耳(←?)悪いんかい!
ヘカトンなんて言うてないわ!
「ン」しかあってないやんか。
「ン」しか。

その後、恥ずかしさもイキってることも忘れ、次々とiphoneに語りかけ、気付くと履歴はアホ単語でいっぱいになってたのでした。
「ヘカトン」
「コットン」
「ゼットン」

ちなみに最初に調べたかった単語は「サンライズ瀬戸」でした。
鉄ちゃんかよ!!

誰もいない部屋で独り、「サンライズ瀬戸」と、iphoneに電話(してるように見える)してる自分を想像すると不気味だったんで「瀬戸」と「サンライズ」とに分けて話しかけたんだけど、あんまり意味のない行動でした。(音声認識もハチャメチャだったし)

ちなみに普通に入力しても検索してくれます。

|

« iのあるユニークで豊かな世帯 | トップページ | ペクチン »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81631/47524573

この記事へのトラックバック一覧です: iのあるユニークで豊かな世帯 その2:

« iのあるユニークで豊かな世帯 | トップページ | ペクチン »