« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

イノシシ遭遇劇2010

実家では最近、夜になると近くでフクロウが鳴くと言う。
へーえ。
そんな風情のある生き物が出没するようになったんやなあ。

そして夜。
「今!今、外へ出てごらん。ホーホーって聞こえるから」
と、母が飛んできた。
「私は庭で聞こえたけど外に出たらもっとハッキリ聞こえるよ」
と、言われたので外に出てみた。

フゴ!フゴフゴー!

・・・て、これはどう聞いてもフクロウではないような。

「どう?聞こえたでしょ?」
「うん・・・でもホーホーには聞こえんかった。フゴフゴ言うてるんやけど」
「え?」

ちょうど車でやってきた義弟が登場。
「そこにイノシシ出てるんですけどー」

やっぱりーーー!

「どこがフクロウの声やねーん!」
「ええー!聞き間違えたんかな」
「どう聞き間違えるとフクロウとイノシシの鳴き声を間違えるんよ?」
「わあ、デカイなあ!2頭もいる。俺、食い物持ってるからヤバイよなー」
以前に食べ物を持った女性がイノシシにかじられた事件があったしね。
「何ぃ、イノシシ?どこやー!」
父、殺虫剤を手に登場。
もう大騒ぎ。

「お父さん、危ないよ!」
「そこの車の影に・・・あ、いない」
「いた!そっちや」
「殺虫剤??」
「鼻がいいから効くんだって」
「へえー」

シューーーッ!

かなり鼻先で殺虫剤噴射!
虫扱いやな(笑)。

おお!イノシシは2頭とも猛ダッシュで退散していく。
やっぱり効くんやなー。
あるいは変な人間がいきなり鼻先で変な事をしたからそれがこわくて逃げ出しただけかもしれないけど(笑)。

「でっかいですねー」
「あんなんまだ小ぶりな方や」
「ええ!そうなんですか?」
義弟は神戸であんまりイノシシを見かけた事がないようだ。
うん、確かに小ぶり。
もっと小山のような体格のが子連れで来る事もあるし。

そしてフクロウの鳴き声はついに聞く事はできなかった。
もっとも、こんだけ大騒ぎしたらフクロウもびっくりして黙り込みますわな。

4751
ちなみに上の写真は
「昨日の晩、撮ってん!」by父。
実はイノシシが好きなんですね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本アマチュアビッグバンド連絡会

たった1時間程度の滞在だったけど、年に一度の「西日本アマチュアビッグバンド連絡会」を観に、神戸・ハーバーランドへ。

着いたらちょうど、古谷光弘さんがパワフルなソロを展開中。
て、ことはグローバルジャズオーケストラ(以下、GJO)ですな。
ビンゴ!
いきなりお目当てのバンドにあたるとはなかなかタイミングがよろしい。

最近、師匠はこのバンドに参加していない。この日もアロージャズオーケストラの方に参加していたし。

さて、この催しは「西日本アマチュアビッグバンド連絡会」に加入しているバンドの顔合わせでもあるので、関西、中国、四国からバンドが集まってくる。
興味のあるバンドは師匠がたまに参加するGJOと、ゲスト枠の甲南大学ニューポートスイングジャズオーケストラ、それと「スウィングガールズ」のモデル校・高砂高校…ぐらい。

しかもその3つは運良くGJO→高砂→甲南大学の順に、連続で出番だったので、実に効率良く観られたのでした。

て、事でiPhoneで中継した2バンド。中継なんで映像カクカク。しかもマイク忘れて音質もイマイチ。
なのでビッグバンドの雰囲気をお楽しみください。

グローバルジャズオーケストラ
歌入り2曲。
http://ja.twitcasting.tv/yone_gentoo/movie/235041

●師匠の代わりにややオーバーアクション気味にアルトサックスを吹いているのは、今回のゲスト・宮崎隆睦さん。

●甲南大学ニューポートスイングジャズオーケストラ
http://twitcasting.tv/yone_gentoo/movie/235218

甲南大学も女性が半分近く占める。ビックリ。
アルトサックスにえらい美形がいてまたビックリ。

甲南大学を2曲聴いたところで後ろ髪引かれる思いで撤収。
自分の練習も控えてたもんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オエゲードラム

オエゲー!

5C05648F-4105-4BB9-A41F-344D34C59A77


今日は久々に3時間半練習したのでヘトヘトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「その街のこども」パネル展

5/7。
「その街のこども」パネル展を見に、HAT神戸にある「人と防災未来センター」へ。

思ったほどパネルはなかったしメイキング映像もそんなに長くなかったけど、もともとが1時間単発ドラマなんで、まあこんなもんかと。
B9E237D8-9878-4BBD-82ED-7883B3E1E12E

2FB2D7AD-E605-45F5-AEB1-1725D3FFA12A

1AAD7446-9C61-45B9-A523-86C8D5F0E733


パネル展の横でひっそりとやっていた企画展もなかなか興味深かった。
当時の震災記事に取り上げられた被災者のその後を追った「あの人は今」的な内容のもの。

しかし震災関連の企画だのドラマだのはひとりで見るもんやね。
他人と感情共有するのがあまりにも難しい。

続きを読む "「その街のこども」パネル展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲道のジューケツ・まろん

(以下、「五番街のマリーへ」の節で)

六甲道へ行ったならば
まろんの店へ行き
どんな目ぇしているのか 見て来てほしい

めっちゃ充血してるから!!

喫茶「P」の二軒隣の安売り靴店「まろん」の看板犬まろんはパグ犬。
お天気の良い日はたいがい店の前でクタッと寝そべっている。
(店主いわく、この犬が社長とのこと)

おとなしく人なつっこい性格らしいが、なぜかいっつも目が充血している。
パグのあのしわくちゃの顔の中に充血した目が埋もれている様はけっこうコワイ。

そんなコワモテ犬、通りかかった人の足にいきなりじゃれてしがみつく事もあるというからますますコワイ。
だって、足元が急に重くなったんで見下ろすと、目が充血したしわくちゃの犬が足にすがりついているんですよ!
新手の妖怪かと思っちゃいますよ!

それにしても「六甲道のジューケツ・まろん」、なんか新しいスイーツの名前みたいでちょっとオシャレ。

そして「五番街のマリーへ」がどんなメロディなのか、実は知らない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »