« ガイガーカウンターミーティング | トップページ | 「その街のこども」DVD発売 »

育児日誌(但し金魚)

●5/28
何気なく水槽[小]をのぞいたらちっこい生き物がふわふわ泳いでいるのを発見。
よく見たらメダカよりも小さな魚。
以前、金魚の水槽のふたの裏に卵らしきものがくっついてるのを見つけた際に、剥がして投げ込んだものが孵ったらしい。

ちっこい!
Img_0042

慌てて確認するともう一匹泳いでいた。

●5/29
朝、よくよく水槽[大]に入れている水草を確認すると、ぽつぽつと卵らしきものがくっついているのを発見。
親金魚に食べられないよう慌てて取り出し、水槽[小]に隔離。
水槽自身にもいくつか付いていたので剥がそうとしたがそのまま水底に落ちて砂利とまざり、判別困難となってしまった。

水槽[大]の水草がなくなってしまったのでコーナンで新しい水草と稚魚用の餌を購入。
稚魚の餌は普通に与える粉末状のものと、稚魚の成長に欠かせないというブラインシュリンプ(エビの一種)の卵を買った。
でも孵化させるのにエアーポンプだの1リットルの塩水だのが必要で、正直めんどうくさい。
なので現在放置状態。
いずれやらないとあかんのやろうけど・・・。

●5/31
水槽から除けた水草から次々と稚魚が孵化。
めちゃめちゃちっこい!
ボウフラ並み。
目の悪い人なら確実に見えないサイズだ。
最初に見つけた稚魚は卵の殻からなかなか抜けられなくて水槽の底でもがいてた。

先に生まれた稚魚(以下、稚魚[大])もたいがいちっこいと思っていたが、生まれたてはホントーーーにちっこい。(あまりに小さすぎて写真も撮れない)
こうして見ると稚魚[大]は、どうやら発見した時は孵化からかなりの日数が経過していたようだ。

生まれたての稚魚より優に4倍はあるので共食いしないか心配だったが、見てると意外にも生まれたての稚魚(以下、稚魚[小])はすばしこく、稚魚[大]が近寄っただけですごい早さで逃げる。
稚魚[大]も別段追いかける風でもないのでこれなら大丈夫かとそのまま同居させる事にする。

●6/1
とは言え、やはり心配で時々水槽をチェック。
すると稚魚[大]が稚魚[小]を追っかけてるのを発見。慌てて水槽を分ける。

すばしこいので確保するのも大変で、最初は小ビンでもって捕まえようとしたが全然捕まらず。しかもビンが底を擦るたびに稚魚[小]を潰してしまうんじゃないかとヒヤヒヤ。
なのでスポイトに変更。稚魚[大]を吸い上げて(これは割とすんなりできた)無事に隔離した。

結局、親金魚水槽、稚魚[大]水槽、稚魚[小]水槽と3つも水槽登場。
近々、ブラインシュリンプ様を育てる1リットルサイズの入れ物も登場する予定。
ブリーダー状態ですな。

そして夜。
またも金魚達が繁殖行動である追尾行動を開始。

まだ産むか??


【追記】
●6/2
観念してブラインシュリンプの飼育開始。
一気に「生き物係」状態に。

コーナンで買って来たウォーターボトルに、塩水とエアーポンプとブラインシュリンプを入れてスイッチオン。
勢いよく循環するブラインシュリンプ
こんな勢いよく噴き上げて大丈夫かいな、と思いつつ孵化を待つことにする。


|

« ガイガーカウンターミーティング | トップページ | 「その街のこども」DVD発売 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81631/51834826

この記事へのトラックバック一覧です: 育児日誌(但し金魚):

« ガイガーカウンターミーティング | トップページ | 「その街のこども」DVD発売 »