« 我が家に極上神戸牛ローストビーフがやってきた | トップページ | 「恋話(コイバナ)」よりも「老い話(オイバナ)」 »

キアゲハ観察記

きっかけはパセリを植えたこと。
虫除けに植えるといい、という話をどこかで読んだので種をまいてみたのだ。
間もなく芽が出たパセリはけっこう丈夫でもくもくと生えたので、ごくたまーに食用に使う以外は伸びるにまかせていた。

で、先月。
ふと見ると何やらイモムシがくっついている。
キアゲハがいつの間にか産卵したようだ。
しかしこんな住宅街のマンションの一画のパセリ、よー見つけたもんだ。
しかも2株あるパセリそれぞれにきっちり付いている。
合計4匹。

イモムシは旺盛な食欲で見る見る内にパセリを食い散らかしていった。
運悪くパセリも春頃まではわさわさとしげっていたのだが、
夏の暑さで弱ったのか半分近くが枯れ草になっている。
まあでもお腹が空いたら枯れ草でも食べるだろうと割と楽観的だった。

やがていよいよ1株目が丸裸に。
しかし枯れ草はきっちり食べ残している。
なんと贅沢な・・・。
挙げ句、食草がなくなったイモムシはベランダを徘徊しはじめたので
仕方なくもう1株の方に置いてやった。
こちらももう残り少ないのだが。
Img_3347

残った1株ももともと残量は多くなかったのに
4匹集中させたせいでこちらもあっという間に丸裸に。
しかしまだサナギになる様子は見られないので食草が必要だ。

ネットで検索したら「パセリの他ににんじんの葉やセリを食べる。緊急事態(私のような人がけっこういるらしい)にはにんじんの実も食べる」と、あったので冷蔵庫のにんじんの残りを与えてみたが全然食べない。
パセリの苗を買っても農薬が付いてると死んでしまうらしいし、さてどうしたものか。
と、あてもなく近所の市場を巡ってみたところ葉付きにんじんを発見!
農薬も最低限しかかかってない減農薬だとかで、葉にはアブラムシが何匹がひっついている。
これだったらいけるのではないか?
急いで帰宅して与えてみると、果たしてすごい勢いで食べ出した。

ちなみにこの時点で4匹とも飼育槽に押し込んで食草を与えた。

その後はにんじんの葉を食べながら一匹ずつ順調にサナギになっていき
一週間程で全員無事、サナギ完了。

最初の一匹がサナギになって10日程経った朝、第一号が羽化。
Img_3374
飼育槽のふたを開けた途端にひらひらと飛び去った。

数日後、2号が羽化。
まだ羽が乾いてないようだったのでそっとベランダに出してやる。
Img_3383
しばらく休んでいたようだがいつの間にか飛び去っていた。
一本の足が半分しかなかったようだが取りあえず生活に問題はなさそうだ。

さらに数日後。
朝起きたら3号が飼育槽の中で暴れていたので慌てて放す。
Img_3397
台風が近づいている中、すでに小雨が降っていたがひらひらと飛んでいった。
案外頑丈なもんだ。

残った1羽(4号)は飼育槽をのぞくと既にさなぎが黒ずんでいる状態だったので
明日には出てくるかなーと思っていたのだが。
夜にはもう羽化してしまった。
Img_3409
しかも飼育槽がカタカタと鳴っているのでのぞくと大暴れしていた。
が、あいにくと台風襲来で外は暴風雨だった。
こんなんで出しては危ないと思い、そのまま放っておいたのだがそんな親心(?)を知らないチョウはますます暴れまわる。
このままでは放す前に羽が傷んでしまうと思い、飼育槽のフタを開けずにベランダに出してみた。

ほーれ、今外に出るとこんなんだよー。

結果、一発でおとなしくなった(笑)。
家に入れるとまた暴れるのでそのままベランダの隅に置いておき就寝。

翌朝もまだ土砂降りの状態だったが風はおさまっていた。
チョウはどうやら一晩おとなしくしていたようだ。
出立するかどうかはチョウ本人の意思にまかせてみようと思い、飼育槽から出してベランダに移してみた。
Img_3413
やはり雨の勢いにたじろいだのかしばらくベランダで待機。
が、小康状態になった正午過ぎ、いつのまにかいなくなっていた。

やれやれ。
これでなんとか無事に4羽全員を旅立たせてひと安心だ。
ちょっと寂しいけど。(空の巣症候群?)

丸裸のパセリは新芽が伸び、また青々としげってきた。
丈夫な草やな。

 

|

« 我が家に極上神戸牛ローストビーフがやってきた | トップページ | 「恋話(コイバナ)」よりも「老い話(オイバナ)」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

moon3thunderよねさん、今晩は。
読み応えのある観察記録、今宵も貴女の文章を楽しく読ませていただきました。パセリの葉を食い散らかすイモムシを見たらびっくりして悲鳴を上げるのが通常の反応と理解するところ、放逐するどころか一人前に育て上げ、しかも台風の去るを待って旅立たせてあげる親心。感心しました。clover

投稿: B B King | 2011年10月 2日 (日) 00:38

こんばんは。
私の子供時代のあだ名は「虫めずる姫君」。
虫が大好きな少女でした。おかげで(?)現在もその名残か、イモムシもセミもトンボも平気です。
ちなみに苦手な生き物は犬です。

投稿: よね | 2011年10月 3日 (月) 23:38

キアゲハとアゲハの違いがやっと分かりました。
前翅前縁の付け根付近に筋模様が無ければキアゲハでした。
キアゲハの翅は名前のように黄色が濃いです。

投稿: itotonbosan | 2014年3月28日 (金) 21:33

コメントありがとうございます。
ホントだ!
(ここ見てみました↓)
http://www.ricen.hokkaido-c.ed.jp/233seibutsu_zukan/kensaku-zukan2007/zukan3-ageha/ageha4-ageha/aheha-kiageha.jpg

そう言えば私も漠然と「体が黄色いからキアゲハかなー」と、思っていましたがアゲハもけっこう黄色いですよね。
今まで見誤ってたかも。

投稿: よね | 2014年3月29日 (土) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81631/52645110

この記事へのトラックバック一覧です: キアゲハ観察記:

« 我が家に極上神戸牛ローストビーフがやってきた | トップページ | 「恋話(コイバナ)」よりも「老い話(オイバナ)」 »