« 今月の「建築知識」ご乱心 | トップページ | かなり久々にカップラーメンを食べたわけで。 »

震災時に役に立った物、立たなかった物(阪神大震災時メモ)

むろん、置かれている状況によっても違いますが。

被災したものの比較的軽く、避難所には行かず自宅で避難生活を送ってはいたものの、ガス・水道といったライフラインは遮断されていた私の場合。

【微妙だった物】
震災後二日目に父が淡路島へ仕事に行ってかついで帰ったのは
電気コンロと餅。
終了。
しかも餅は家に在庫があった。
ライフラインが復活してからは活躍してくれましたが。

充電式懐中電灯。
お察しの通り電気が点くまでは役に立たず。

【普段の生活には特に要らないが、被災時にかなり重宝した物】
水のいらないドライシャンプー(&リンス)。
当時はどこも品切れ状態で入手はかなり困難でした。
 

ためておいたお風呂の残り湯
普段から「災害用に」と、母が残していたお風呂の残り湯がトイレの排水に役立ちました。
少なくともトイレ使用時に不快な思いをした記憶はありません。


【普段も使うけどありがたさを痛感した物】
紙ナプキン(むろん男性は無縁)。
ゴミを少なくする為に長時間用とか。

あと、水に流せるナプキンなんてのもありました。

なんせゴミ回収もいつ再開されるかわからないですから。
流行りの布ナプキンはやめた方がいいでしょうね。
洗濯しないといけないですから。

そしてお水、お水、お水。
山口組の本部では井戸水が湧き出ていたのでもらいに行ったのをよく覚えてます。
あとは給水情報を口コミで聞いては現場に飛んで行きました。
ところで給水車って、災害時以外はどうしてるんでしょうね?

とにかく何も手をかけずにすぐ食べられる食料。
おにぎりとか。
水とかガスは使えないのでとにかくすぐに食べられるものは必須。

ラジオ
普段ラジオを聴いている父のおかげで、電気が点くまでは
被災地の情報はこれで得ていました。
意外と被災地にいる人間の方が、現地の情報に疎かったりします。
なんせ情報を得る手段がありませんから。

お風呂
これも口コミでどこの銭湯が開いてるかどうか、
当時やっていた「ニフティ通信」で情報交換してました。
地下水を自力で湧かして入れる銭湯がいくつか開いており、
口コミを聞きつけた被災者が、かなり遠方からもやってきて長蛇の列を作っていました。
この騒ぎで過労死したお風呂屋さんまで!

そしてちょっとしたユーモア(笑い)も必要!


テレビでは徐々に普通の番組やCMが始まってますが、
被災地での食べ物のCMは控えた方がよいかも。
阪神大震災の時はかなり早い段階で食べ物のCMが始まってかなり辛かったから!

以下は当時の私の体験記です。
よければ併せてお読みください。
「阪神大震災の記憶」

※上記のリンク先の商品がほとんど品切れていたようなので、リンクを張り直した記事をアップしました。
こちら


節電・防災・防犯販売館

|

« 今月の「建築知識」ご乱心 | トップページ | かなり久々にカップラーメンを食べたわけで。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81631/51119647

この記事へのトラックバック一覧です: 震災時に役に立った物、立たなかった物(阪神大震災時メモ):

« 今月の「建築知識」ご乱心 | トップページ | かなり久々にカップラーメンを食べたわけで。 »