« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »

牛に願いを。 (モニターイベント「神戸牛を学ぶ会」に参加した)

晩秋、神戸マラソンと同じ日、行ってきました!
「神戸ブランド力向上委員会」の肝入りイベント(たぶん)、
特別企画「神戸牛を学ぶ会 第2弾」。
このイベントは昨年抽選にハズレたので今年は悲願叶っての参加となりましたscissors

当日、神戸駅前バスロータリーと、あったので神戸市民であるところの私はてっきり駅山側にある神戸市バスのロータリーかと思ってたんですが集合場所に向かいながらよくよく考えたら西脇や神河町に神戸市バスで行くわけがないな、と思い当たりも一度メールを読み返すと集合場所は神戸駅海側ロータリーであることが判明。
ふー、あぶないあぶないsweat01

無事にバスbusに乗車して出発。
バスの運転士さんは神戸マラソンと被ったこの日、もしも神戸マラソンが当選していたらそちらに行ってたそうで、休憩時などにしきりに残念そうに語っておられました。
そう言えば今日は神戸マラソンdashだったわねー。
帰り道、道路規制や渋滞に巻き込まれたりしないかしら・・・。

さて、車内では辰屋さんによる神戸牛のレクチャーを聞きます。
兵庫県で育った牛達の中から、さらに品質検査でパスしたものだけが神戸牛として認定されるそう。
肉の品質はもちろんのこと、この兵庫県で育つ、というのも重要だそうで
極端な話、岡山と兵庫にまたがる牧場で双子の牛が生まれ一頭は岡山側、一頭は兵庫側で育ったとしたらどんなに条件が良いお肉でも岡山側で育った牛は神戸牛になることはないんだそうです。

そんなお話を聞きながらスムーズに(と、思う)まず最初の目的地、富田農場に到着。
ここから旭屋さん企画の収穫祭に参加させていただくことになります。
なので我々モニターとは別グループの収穫祭参加グループも到着し、現場は一気に賑やかに。

モニターで参加してる人は、基本的に一人参加のようですが去年参加した人も何人かいるようで、気付けば皆、和やかに話をしています。
私はイベントに一人で参加することは割と多いけど人見知りが激しいのでなんか気付けば一人でボーッと突っ立ってる状態にsweat01

全員が揃ったところで今回の関係者の方々のご挨拶。
司会は毎日放送のアナウンサーに、ゲストはラジオ「こんちわコンちゃん」の近藤光史さん。
神戸新聞も取材に来てるし。
Img_4985

この農場では山田錦という米も育てており、これから訪ねる川岸牧場と連携して
米→藁→牛の餌→牛糞(肥料)→米(や野菜)
と、いう循環型農業をされているそうです。

だからと言って
「この純米酒もそんな循環型農業の山田錦でできてます。この後、皆さんにも飲んで頂きますので

ぜひ、牛の糞から作ったお酒を味わってください!

と、いう挨拶にはちょっと笑ってしまいましたが。

そして挨拶が終わり、皆で芋掘り開始。
芋掘り・・・なんかイメージ的に勝手にサツマイモだと思い込んでたんですが

レッドアンデスナンデス!

ジャガイモでした!

持ってきたちっこいスコップでちまちまと土を掘り、土中からお芋を発見する楽しさときたら!
童心にかえった気分です。
Img_3522 Img_3523

そんな中、ひょっこり現れた土色のアマガエル。
冬眠の準備中だったのか動きも鈍い。
さらに童心をくすぐられてついついアマガエルと遊んでしまい、気付けばお芋はあらかた掘り尽くされた後・・・。
皆よりも収穫が少なめに終わるというなんだかマヌケな結果になってしまいました。
ちなみにアマガエルはその後、畑に逃がしてやりました。
Img_3526

次に着いた場所は立派な神戸牛になるべく牛達が育てられている牧場、川岸牧場へ。
お肉がより良い状態になるとかで牛舎には常にモーツァルトが流れてます。
と殺に行く直前はやはり・・・「レクイエム」が流れたりするのかしら、などと考えながら今から彼らのお肉を頂く事に罪悪感も感じたり。

耳に「3301」のタグをがかかってる牛が何か言いたげに一生懸命顔をこちらに伸ばしてきました。
何か伝えたい事でもあったのか、単に「角の間がかゆいからかいてくれ」と、いう意味だったのかわかりませんが、牛の考えてる事がわかればなーと思いながらしばらく「3301」を見ていました。

この牛達に接したひとときは、「命を頂く」尊さをかみしめた時間でもありました。
牛舎の隅にはひっそりと慰霊碑も建っていました・・・。

Img_3539 Img_3535 Img_3555

牧場で少々しんみりとなりながらも、気を取り直しいよいよメインイベントである神戸牛のバーベキュー会場へ。
神河町の山間にある「グリーンエコー笠形」は自然がいっぱい。
またしてもカエルなんかを探して遊びたくなるのをグッと堪え大きなドーム型の会場に入ります。
Img_4995 Img_4996

1グループ5〜6人程度に分かれ、神戸牛、神戸牛!

おおおお、やはり美味しい!!
ジューシー!
分厚いのに柔らかい。

難を言えば割り当て量が少ない・・・!(笑)
もうちょっと食べたかったーーー。
こんなお高い肉だから無理なお願いなんだろうけど。
そして私がどちらかと言うと大食漢だからしょうがないんだけど(笑)。

さらに提供されたのは旭屋さんの特製コロッケ「極み」
神戸肉とお芋のコンビネーションが絶妙。

なんとフツーに買ったら6年半待ちだそうです、6年半待ち。

す、すごい・・・!

ていうか、待っちゃってるのね、6年半。
Img_4998 Img_5003

それから牛の丸焼きも登場。

牛の丸焼き!!

牛一頭丸ごと??

と、驚愕していたのですが実際は牛の「腿の」丸焼きでした。
あー、びっくり。
先のお肉が食べ足りない分、こちらに何度も並んで頂きました。
こちらも美味wink
Img_5009

難を言うなら(しつこい)、
塩・胡椒をかけ過ぎでは・・・sweat02
お肉自体が美味しいので、軽くかけるだけで充分なような・・・
あ、そんな親の敵みたいにー(笑)。

それから掘ったばかりのお芋の油揚げ。
ホクホク美味しい!
・・・そしてこちらも若干、塩・胡椒が(以下略)sweat02

締めに富田農場のお米からできたという純米酒も少し頂いてほろ酔いで終了。
最後に皆で記念撮影、帰りにはエスフーズさんからおでんや豆乳鍋の素などのおみやげまで頂いて充実の休日を過ごしたのでした。
Img_3561

あー、やっぱり美味しい神戸肉、
年に一度ぐらいは奮発して自前でも食べたいもんです。


旭屋さん
http://www.asahiya-beef.com/
辰屋さん
http://www.kobebeef.co.jp/
エスフーズさん
http://www.sfoods.co.jp/


p.s.
イベントとは全然関係ないのですが
帰りにバスの中から見かけたお醤油の店がすごく気になりました。
多可町の足立醸造
良さげな予感がする・・・。(割と鼻が利くので)

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »