カテゴリー「文鳥」の記事

三つ子の文鳥雛を引き取り。

4月の末に我が家で生まれた三つ子の文鳥の雛を、昨夜より親鳥から引き離して育ててます。

最初の二回は挿し餌、断固拒否!

Img_3906

ウォールローゼを突破した巨人を見るような目で完全にビビられてましたが
(「進撃の巨人」を知らん人には意味不明)、
一旦口を開けてしまうと今度は底なし沼状態。

食べる食べる!

ジャジャジャジャジャ!と、真夏のセミのように鳴きわめいて餌をねだりうるさいほどでした。

Img_3919

一方の親鳥は激務だった育児から解放され、老夫婦のように一日のほとんどをブランコに揺られて過ごしておりました(笑)。

ちょっと餌やりを手伝ってくれないかなーと甘い事考えて放鳥してみましたが、私の肩に乗って見てるだけ。
「ほれほれ、手際が悪い!」
「わしらの苦労がわかったか?」
と、煽られてただけのような気が・・・。

Img_3918

なんにせよ引き取ったからには健やかに育て上げないと!
責任重大です。


【おまけ】

C7d54a992b7a4b15a8e24ab41fe4ce16

続きを読む "三つ子の文鳥雛を引き取り。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さかむけかささくれか

飼っている文鳥にムリヤリむしられたさかむけが痛い・・・。
人間の歌で言うところの
「あなたが噛んだ、小指が痛い」♪
てなところか。

ところで「さかむけ」って表現が全国区じゃないこと、今日初めて知りました。
東日本では「ささくれ」というらしい。
「心がささくれだっとるなあ」とは使うけど、さかむけとは別物だと思ってました。

続きを読む "さかむけかささくれか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりみカフェ ぽこの森

久しぶりに「とりみカフェ ぽこの森」さんに行ってきた。
頼んだのはホットココアの文鳥バージョンとインコバージョン。
文鳥ガチャガチャもやってきた。
モチ寝文鳥が当たったので家の鳥かごにぶら下げた。(当然のように文鳥がつっついたけど)

とりみカフェの小鳥達を見ているとインコやうずらもいいなあ、飼ってみたいなあと思えてくる。
でも両者とも鳴き声がけたたましいみたいだから賃貸の今の家で飼うのは難しそう。

Imga0577_2

Imga0585

Imga0580

Imga0577


続きを読む "とりみカフェ ぽこの森"

| | コメント (0) | トラックバック (0)